さがみ生協病院の歴史

*
小田急線相模大野北口を出て徒歩10分。
駅前から伸びる商店街を抜けた閑静な住宅街の一角に
ひときわ目立つピンクの色の建物が目に飛び込んできます。

昭和42年に、初代院長の高橋祥子先生が高橋眼科医院を開院。
昭和45年に内科を併設し高橋医院となる。
昭和49年、医療生協に加入し相模大野診療所と名称を変更。
昭和63年にさらに名称を変更、現在のさがみ生協病院となる。

生協法人であるため地域の方々が出資しており
患者さんのほとんどは組合員です


    フロアーガイド



    病院までの地図


詳しい地図のページはこちら GoogleMAP版 Yahoo版
駐車場の地図こちら


Copyright © 2004 Sagami seikyou Hosptal All Rights Reserved.